ガラスが割れた場合は横浜のiPhone修理店に行く

iPhoneを所有しているけども、iPhoneに衝撃を与えた場合にはひび割れが発生することが少なくありません。ひび割れが発生した場合、そのまま使い続けることができますが、状況によっては直ちに修理をした方が良いでしょう。横浜でiPhone修理をする場合、まずどの程度の状況になっているか把握しておくことが大事です。横浜のiPhone修理店舗は様々ありますが、まず信頼できるところを選ぶことが必要です。

横浜のiPhone修理店舗の中で信頼できるところを選んだ場合は、後はお店に預けることが必要です。多くの人は、ガラスが割れている場合に表面だけ破れているのではないかと考える人がいます。確かに、表面だけ破れているケースも少なくありません。しかし実際には、表面のガラスだけでは済まないこともよくあるわけです。

そのうちの1つが、中のタッチパネルの部分まで故障してしまっているパターンです。タッチパネルが故障すると、指で操作をしても動かないため分かりやすいと言えるでしょう。タッチセンサーを交換しなければならないため、ガラスの修理と合わせて1万円以上かかることがよくあります。タッチセンサーの下には、液晶パネルがあります。

もし、ひび割れた後に画面を見てみたら、カラフルな線が入っていることがありますが、これは液晶に問題が生じているのです。このままの状態だと使い続けることが難しいため、液晶の交換も必要になります。その段階まで行くと、合計で20、000円以上かかることが多いでしょう。人によっては、買い換えてしまうかもしれません。

液晶パネルの下には、バックライトと呼ばれるものがあります。液晶自体は、優れた性能を持っているものの明かりがなければその役割を果たしません。つまり、液晶を照らすためのライトがその下にあるわけです。もしライトまで壊れてしまった場合は、画面が完全に暗くなってしまったうため、一目でわかるでしょう。

ライトが壊れた場合、ライトも合わせて交換をしなければならなくなります。ただ、一般的にそこまで壊れるケースはあまりありません。1回の衝撃でそこまで壊れたとすれば、かなり強い衝撃だったことがわかります。一度で壊れなくても、最初はガラスだけ破れていたものの、何度か地面に落とすたびに今度はセンサーや液晶が壊れてしまい、最後にバックライトまで壊れることがあります。

この段階になると、修理料金だけで30、000円から40、000円ぐらいかかると考えておいた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です