横浜のスマホ修理は正規店と非正規店どちらがよいか

いまやスマホは日常生活で欠かすことの出来ないものです。壊れてしまったら買い換えるか修理するかですが横浜にはたくさんのスマホ修理店があり、それらは大きく正規店と非正規店に分かれます。なにが違うのかですが、それぞれ注目したいポイントがいくつかあります。まず正規店と非正規店の違いはメーカから認められているかどうかです。

正規店は横浜市内にあるAppleStoreのような直営店やNTTドコモやソフトバンクモバイルのようないわゆる携帯キャリアが展開する店舗のことで、非正規店とはこれら以外の店の総称です。正規店を利用するメリットは保証サービス期間内であれば状況次第で無償で修理できる点や、修理後も保証期間が継続されることです。使用する部品は純正品のため不都合が生じにくくメーカーの専門技術者がおこなうので安心です。代替機を貸出してくれるサービスも便利な点といえます。

ただし工場に送るため時間がかかる傾向にあり、動作確認のために初期化されるので修理に出す前にデータを保存する必要があります。また修理依頼そのものにも事前予約が必要なので混み合っていると修理にたどり着くまでに時間がかかります。これに対し非正規店でスマホ修理をおこなうメリットは予約が不要なこと、店舗で修理することがほとんどなのでその日のうちに完了することです。費用も正規店よりかからないことが多く、部品交換の場合はデータ保存の必要がなく手間をかけずに早く修理したいときに便利です。

ただし使用する部品は純正品以外が一般的なためメーカー保証期間が残っていても適用されなくなりますし、再び壊れても正規店では修理を受付けてくれない場合もあるようです。スマホ修理の際に知っておいた方がよいことを紹介しましたが、横浜にはたくさん店舗があります。時間に余裕があり保証が適用されるのであれば正規店もよいですが、時間がないし手間もかけたくないということであれば非正規店も選択肢になります。その際は次の点に注意した方がよいです。

まず総務省登録修理業者かどうかです。技術、使用する部品の品質などは修理後の無線設備としての基準に影響するので認可があるかどうかは信用のバロメーターになります。次は修理実績数が豊富かどうかです。技術力は経験数でも違ってくるので確かな修理ができるかどうかの目安になります。

修理にかかる費用と保証があるかどうかも判断基準です。修理費用が他と比較して安すぎると部品の品質が不安ですし、非正規店で修理すれば正規店の保証から外れる場合もあるので店独自の保証があった方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です