バッテリー交換を横浜のスマホ修理店でする

スマートフォンを2年ぐらい使用していると、バッテリーの持ちが悪くなったと実感します。そのため補助バッテリーを購入して使用している人も少なくありません。以前であれば、2年ぐらいで新しい機種に交換する人が多かったですが、最近では使用年数が増えているのが現状です。一つのものを長く買うことはいいことだと感じますが、その背景には販売店での割り引きが減ったことも理由にあります。

また、SIMフリーの普及により、毎月の使用料を安くできるようになったのも理由と言えます。いずれにしても使用年数が長くなれば、不具合が生じたり、故障したりするものです。そのような場合に修理して使うのか、それとも新しい機種を購入するのか選択を迫られます。バッテリー交換も迷うところですが、交換してどれくらい使用出来るかを考える必要があるでしょう。

もし、交換することを決めたなら横浜のスマホ修理店でバッテリーを交換してもらうことができます。事前にスマホ修理店のサイトで修理費がいくらぐらいになるか確認することが大事です。横浜に住んでいなくても郵送で対応してくれますので、事前に連絡してから宅配便で送れば大丈夫です。横浜周辺に住んでいるのあれば、修理時間は1時間ほどで終わりますから、出かけたついでに交換することが可能になります。

スマホ修理店によって手数料や修理した後の保証期間が違うので、事前に確認が必要になります。店によっては3ヶ月のところもあれば、6ヶ月のところもあるのです。バッテリーを長く持たせるコツというものがあります。常に100パーセントにしておきたいと言う人がいますが、頻繁に充電するとその分寿命が縮まります。

感覚としては20パーセントぐらいまで使ってから、80から90パーセントまで充電するというのがいいです。充電回数が多いと持ちが悪くなるので、家にいる時は、バッテリーが少なくなっても気にしない方がいいです。もちろん、神経質になる必要はありませんが、長く使えた方が経済的なのはいうまでもありません。また、バッテリーが無くなって困ったことがあるかもしれませんが、その場合は、電源を切って風通しがいいところに置いて、スマートフォンを冷やしてあげると復活する場合があります。

緊急事態に使える技なので覚えておきましょう。バッテリーを交換して長く使えるなら経済的ですし、環境にも優しいですからよく考えてスマートフォンを使うようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です