騒音が気にならない賃貸物件探しのポイント

賃貸物件に住む上でよく問題になるのが騒音の問題です。

騒音があると眠れなくなったり、作業などに集中することができなかったりして、場合によっては生活そのものの障害になってしまうことがあります。また、隣人とのトラブルにまで発展し、引越しを余儀なくされたりといったこともあります。そこで、騒音問題がない賃貸物件の探し方としては、まず物件の構造を調べることが挙げられます。建物の構造としては、RC構造やSRC構造の建物を選ぶことが大事になってきます。

RC構造やSRC構造であれば、鉄筋コンクリートなので、木造の建物よりは騒音を防ぐことができます。次に、部屋と部屋の間がコンクリート状になっているかどうかを確認します。中には、部屋と部屋の間の壁が薄い場合がありますから、そのような場合は隣から音が漏れやすくなるので注意が必要になってきます。

次に、部屋と部屋の壁の厚さもチェックします。もしも、壁の厚さが18cmくらいであれば、防音効果が期待できるといわれているので、入居をする前に不動産会社などに質問してみるとよいでしょう。次に、部屋の中で物音が響くかどうかを確認します。これは、例えば部屋の中を閉め切った状態で、手を叩いてみると確認することができます。

もしも、手を叩いた音が反響音として跳ね返ってくるような場合は、防音がしっかりしていると判断することができます。最後にエレベーターが部屋の近くにないかどうかを確認しておきます。いかに防音がしっかりしている賃貸物件であっても、エレベーターが近くにあると作動音などが聞こえてきてしまう可能性があるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *