持ち家と賃貸のメリットを比較する

自分の住まいについて、持ち家にするか賃貸でずっといくかについて悩んだことがあるという人は多いでしょう。

どちらかかが明らかに経済的に不利だった場合には、その形態は世の中に存在し続けることはできないはずです。持ち家と賃貸の両方が現存しているというこは、総合的に見た時にその経済価値に大きな優劣はないことの証明なのかもしれません。しかし、個々人の単位で比較をすると必ず優劣が生れます。その優劣が生れるポイントにはいくつかあり、必ずしも経済的なものばかりではないという点が特徴です。

まず、持ち家のメリットですが、資産を自分で所有することによって、その値上がり益を享受したり遺産として次世代に引き継いでいくことができます。また、一国一城の主といった感覚を得ることもできます。さらに、特殊な事例を除いて、その場所から追い出される心配は皆無で安心して暮らせるという点が挙げられます。一方アパートなどの賃貸のメリットですが、常に新築や最新の設備の場所に気軽に住みかえていくことができます。

また、隣近所との人間関係がうまくいかなかったとしても簡単に精算することができます。さらに、登記も必要ないですし資産管理も不要で気が楽というのも大きなメリットかもしれません。このようにメリットを比較して並べてみるとわかりますが、最終的に賃貸と持ち家のどちらを選ぶのかは、その人の価値観にどのメリットが響いたかによるということがいえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *