安い賃貸物件はリノベーションがおすすめ

賃貸物件を探す時には、少しでも家賃が安い物件を選びたいものです。

一番のポイントは築年数です。賃貸物件の家賃は築年数によって大きく異なります。築10年くらいまではそこまで差がありませんが、10年と11年では差がはっきりと表れます。ネットのサイトで物件の条件を入力して好みの部屋を探す人が多いですが、新しい物件を好む場合はたいてい10年以内の項目にクリックを入れてみます。

そのため、業界の中でも10年と11年では、注目度が変わる為差が出やすいのです。しかし物件としては1年でさほどの傷みは生じないので、ねらい目物件としては11年目がお得といえます。また、最近はリノベーションされた賃貸物件も、多くなってきました。リノベーションとはその物件ごと、新しくイメージチェンジされた部屋のリフォームをいいます。

例えば古く畳の部屋だった和室を、明るいフローリングの洋室にし、それに伴い壁や柱の色もポップな雰囲気に変えた部屋などの事をいいます。そのようなリノベーションされた部屋は、特に改修工事代が家賃に上乗せされる事は少ないのが現状です。

築年数が11年以上でも、今風の素敵な部屋にリノベーションされた物件を選ぶ事で、清潔で明るい満足度の高い部屋に、安い家賃で住むことが出来るのです。最近は古い団地にもこのようなリノベーションが施され、高い注目を浴びています。築年数が古いから懸念するのではなく、このような物件を探してみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *