賃貸物件の管理について

賃貸アパートやマンションなどで家賃収入を得ている人も多いです。

しかし、賃貸物件の管理は難しく、入居者の募集や清掃、設備のメンテナンスなどもおこなわなければならないのでとても大変です。なかには、家賃をなかなか支払ってくれない住民もいて、家賃の取り立てもおこなわなければいけません。近くに住んでいれば、取り立てもすぐにおこなえますが、遠くに大家さんが住んでいる場合などは、なかなか取り立てにいけないこともあります。入居者のクレームにも対応するのは大変で、仕事と大家をかけもちでおこなう人などは、すごく苦労しています。

不動産管理会社が管理料をとって、メンテナンスや清掃、入居者の募集、家賃回収までもやってくれる所もあるので、そういう所に頼めば、すごく賃貸物件の管理が楽になります。賃貸物件の大家は、高齢者のことが多く、賃貸物件の管理を不動産管理会社に任せている人が多いです。空き室があっても、家賃を保証してくれる所もあるので、大家さんとしたらとても助かります。

不動産管理会社の管理料は、家賃収入の5~15%徴収していますが、管理の内容によって大きく変わってきます。家賃の回収や入居者のクレーム対応もおこなう所は、仕事も増えるので当然管理費も高めになります。空き室が増えてくると、不動産管理会社は、空き室を減らすため大家さんに値上げを要求することもあります。大家さんにとって、家賃を下げれば収入も減ることになるので、あまり家賃を値下げしたがらない人も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *