安い賃貸住宅を探すには

賃貸住宅を探している時に、相場よりも安い物件を見つけると少し不安がでてきます。

その部屋で事故などがあったのではないか、住むのに不便な問題を抱えているのではないかといったマイナスのポイントを見つけようとします。確かに、何か問題が生じれば家賃を下げてでも貸しだそうとしますが、これといった問題がない場合でも下げられるケースもあります。大家さん側は、もちろんできるだけ高い家賃で貸し出したいと考えます。しかし、不動産屋は決まりやすい家賃設定でスタートできるように大家さんと話し合います。

そのスタート価格は、同じ地域の同条件の部屋と比較して考慮されます。家賃の入らない期間を作らないように、最初から下げて貸し出される賃貸もあります。このような物件は掘り出し物であり、大抵がすぐに借り手が決まってしまいます。このケースでは、近隣の同じような部屋よりも手頃な家賃だということは大家さんも了承した上での価格設定です。また、長期にわたり賃貸情報を出しているにも関わらず、なかなか借り手が見つからないという場合にも下げられます。

入居者が決まらない物件には理由がありますので、それが何なのかを確かめた上で契約をしなければなりません。一般的に考えられる理由としては、日当たりが悪かったり、騒音の問題を抱えていたりというケースが多いようです。交渉の余地があるのなら、契約を結ぶ前に交渉してみるというのも一つの方法です。うまくいけば、月々の負担が減ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *